台湾で妊娠出産 Archive

日本語OK、兄弟立ち入りOKの月子中心(産後ケアセンター)が台北に!「賀果悅兒 YOURBABY」

今回私が滞在した「賀果悅兒 YOURBABY」は、日本語OK、さらに家族の兄弟なら母親のお部屋に出入りや宿泊が可能です。ゲストも子供OKで、7歳以下でもロビーまで入ることができます。一般的な月子中心(産後ケアセンター)では兄弟でも立ち入りがNGになっているところが多いので、私のように上に兄弟がいる場合は、こちらの施設がおすすめです。

シッターさんに教わったレシピ:産後だけじゃなく普段から飲みたい!漢方をたっぷり使ったお茶

台湾の産後ケアでは、産後の弱った体に栄養を補給する漢方や生薬をたっぷり使ったお茶を飲みます。中医学式なので二、三日飲んだからといって急に体が良くなるわけではないのですが、長期間飲み続けることで体質改善ができると言われています。「養肝茶」のレシピは色々あるようですが、産後ケアシッターさんから教わったものをここでご紹介してみます。

これまた最高♥「産後ケアシッター」による自宅での月子(ユエズ)体験談

出産後、今回は上に小学一年生の長男もいる状態なので、産後ケアシッターさんに自宅に来ていただいて産後ケア(坐月子)することにしました。トータルで27日間お願いした結果、とっても良かったので体験談を綴ってみたいと思います。 (ちなみに産後シッターさん最終日で感傷的になり、そのまま書きなぐった深夜の長文ラブレターです…ご笑覧ください!)

次男出産のご報告

平成が終わるギリギリ、無事に次男を出産しました。応援してくださった皆さま、メッセージ見て励まされておりました。ありがとうございました!

NNA「海外赴任2013 リロケーションガイド」コラム執筆

アジアの経済ビジネス情報を発信されているNNAさん。海外へ転勤される方々向けのガイドブック「海外赴任2013 リロケーションガイド」に、ちらっとだけコラムを書かせていただきました。海外へ転勤される方々向けのガイドブック「海外赴任2013 リロケーションガイド」に、ちらっとだけコラムを書かせていただきました。赴任の手続き、住宅、引越、健康管理、子育て・教育、赴任地での暮らし・・・辞令から帰国まで、海外赴任に伴うさまざまな事柄を分かりやすく紐解いてくれる一冊です。私のコラムは第4章の「健康管理」内、「海外で迎えた初めての妊娠・出産。不安を減らす方法とは?」です。

台湾で母乳で困ったら「ねねの会」

「何か痛いな〜」とは思っていたのですが、乳腺炎になってしまいました。おっぱいがパンパンに腫れて歩くだけでも痛いし、美味しくないのか、赤ちゃんもあまり吸ってくれません。ネットで色々調べるも、冷やすとか温めるとか、マッサージした方がいいとかしたら絶対ダメとか、症状によって処置はさまざま。わらにもすがる思いで電話してみたのが台北で母乳育児を支援をされている「ねねの会」の代表・林さんでした。

最高♥産後の施設「月子中心(月子センター)」レポート

台湾の産後ケアセンター「月子中心(月子センター)」。サービスの内容や設備は施設ごとに違うようですが、産後、施設に入って二週間が経ったので、食事やお部屋、赤ちゃんのお世話がどんな感じなのか、私が入った月子中心の様子をアップしてみます。

台湾で出産して良かった10の理由

私にとっては今回が初産で、日本で出産したことがないので比較できないのですが、 それでも、海外とはいえ、台湾での出産で本当に良かった!と思うことばかり。 ここにメモしておきたいと思います☆

ざっくり書きます!台湾の産科で「入院」

台安病院での出産レポート、無事に出産を終えて、3日間の入院生活、入院中持って行って良かったものなどについて書いてみます。(2011年12月現在)

ざっくり書きます!台湾の産科で「分娩」

台安病院での出産レポート、今回はいよいよ分娩室へ入って出産するまでのことを書いてみます。

ざっくり書きます!台湾の産科で「陣痛室で分娩を待つ=待産」

台安病院での出産レポート。陣痛室(待産室)へ入ってからのこと、陣痛室に持って行って良かったものなどつらつら書いてみます。(2011年12月現在)

長男出産のご報告

妊娠38週目の健診で、赤ちゃんが十分大きくなっていて、「もういつ生んでも大丈夫なので、促進剤を打って生みましょう」ということになり・・・ 2011年12月5日(月)台湾時間17:39、台安病院にて(なんとか)無事に出産いたしました。3420gの大きな男の子です。

マタニティ写真、撮っていただきました☆

スポンサーリンク 間もなく12月ですね。 ここ一週間の台北は、だいたい22〜25℃くらいの日々が続いています。 […]

ベビーグッズ&マタニティグッズのお店 “台北の西松屋”

スポンサーリンク 「南京東路あたりで、地下にある・・・」と言えば みんな「あぁ、あのお店!」となる ママ&プレ […]

日本にも欲しーい! 台湾、産後の習慣「坐月子(ズオ ユエズ)」

中華圏では産後1カ月間くらいの期間に母親がしっかり静養する「坐月子」と呼ばれる習慣があります。核家族化の進む台湾では、近年「月子中心」という、ホテルのような産後ケアセンターが登場。至れり尽くせりなケアを受けながら過ごせます。今回は経験豊富な「産後ケアシッター(月子保母)」の自宅への派遣、産後ケア専用の食事「月子餐」の宅配サービスなど、台湾の代表的な産後ケアサービスをご紹介してみます。