台湾でお仕事 Archive

事後報告:トーク登壇「Pen&フィガロジャポンが見てきた台湾のカルチャー&トラベル」に登壇しました

販売開始後に即完売してしまって、私のブログが間に合わなかったのですが・・・銀座にあるGINZA SIXの6階にある蔦屋書店にて開催されたトークイベントに登壇させていただきました。立ち見も出るほどと聞き、それはそれは緊張しましたが、一緒に登壇したPen編集の富田さん、『台湾、発見。』のコーディネートをされた小路さんや、フィガロジャポン『新しい魅力発見 まだ見ぬ台湾。』で花蓮・台東を取材されたライター倉石さん、そして、司会のトゥーヴァージンズ齋藤さんという大好きな方々とご一緒させていただいたおかげで、笑顔の絶えない和やかなトークになりました。

専属スタイリストという最強の味方ができました

今回、息子の夏休みで日本に一時帰省したタイミングで、専属スタイリストという最強の味方ができたので、ご紹介したいと思います。なぜ今回私がこんなことをするに至ったか、そしてその感想をご紹介したいと思います。一言で言うと「最高!」に尽きるのですが、もしご興味ある奇特な方がいらっしゃいましたら、ぜひご参考ください。

雑誌『&Premium』連載「&Taipei」、10回目も目前です

毎月20日発売の雑誌『&Premium』が日本から届いていました。片倉真理さん、田中美帆さんとの本誌連載「&Taipei」も第8回目を迎えました。毎月「台北の朝ごはん」と「日用品探索」をご紹介しています。もうすぐ10回、もうすぐで一年! あっという間です。本誌には登場しなかったアザーカットとともに、内容を少しだけご紹介しますね。

6/20発売 雑誌『FIGARO』台湾特集 綴じ込み付録「いま、台北でしたい12のこと。」を担当させていただきました

6/20発売の雑誌『FIGARO』は、台湾特集です。タイトルは「新しい魅力発見 まだ見ぬ台湾。」私は綴じ込み付録「いま、台北でしたい12のこと。」のコーディネート、取材・執筆を担当しました。こちらは綴じ込みでご紹介している50軒の取材をまるごと一人で担当させていただいたので、とてもやりがいのあるお仕事でした。

6/1発売 雑誌『pen』台湾特集 台北の取材・執筆を担当させていただきました

雑誌『pen』台湾特集。ライターとして参加させていただきました。 次男が生後3カ月になったばかりの頃から取材がスタートして、一軒一軒取材が終わるたびにタクシーを飛ばして自宅に帰り、搾乳しながら取材したのが今となっては懐かしい思い出です。 FedExで発売日までに届けてくださるなんて、素敵なお心遣いに感激です。 普通とは一味も二味も異なるpenならではの目線、切り口にドキドキします。ぜひご覧いただけたら!

雑誌『&Premium』のチーム「&Taipei」でイベント登壇!(超緊張)

ちょうど日本のゴールデンウィーク、子どもの日に台北で行われるイベントにゲスト出演し、対談させていただくことになりました。雑誌『&Premium』の本誌連載「&Taipei」で「&Taipei」を総括されている片倉真理さん、同じく、台灣の雑誌についてのコラムを担当されている田中美帆さん、そして朝ごはんと日用品のコラムを担当する私の3名が、「取材秘話やネタの吟味、ネタ探しの手法など、あまり知られていない舞台裏をご紹介」するというのがテーマです。

書籍『BEAMS AT HOME 4』台湾の取材を担当させていただきました

BEAMSのスタッフさんが部屋・私物を公開するという、シリーズ累計26万部を突破している人気書籍『BEAMS AT HOME』にて、台湾の取材を担当させていただきました。取材させていただいたお二人ともとっても若く、お仕事も頑張っているのでとても新鮮でした。インテリア本としても、ライフスタイル本としても、BEAMSのブランディングの切り口的にも、とても興味深い内容ですのでぜひご覧ください。

日本で発売された書籍『TAIWAN FACE Guide for 台湾文創』にインタビュアーとして参加させていただきました

「最前線で台湾カルチャーを作り出している人たちは今、何を考えているのか?」 最前線で台湾カルチャーを牽引する50組への取材を通して日本でなかなか知られることのない”台湾の本当の姿”が見えてくる、そんな一冊になったように思います。 私はインタビュアーとして15組への取材、2組分の翻訳と、約1/3の原稿を担当させていただきました。 僭越ながら、本のまえがきも書かせていただきました。思いが伝わったら嬉しいです。

祝・雑誌『&Premium』で本誌連載「&Taipei」がスタート

私も大好きな雑誌『&Premium』。2018年11月発売号から、創刊から五年間続いた「&NewYork」の後を引き継ぎ、我らが台北が始まりました。こちらの連載「&Taipei」では、片倉真理さん、田中美帆さんという大先輩と一緒に私は「台北の朝ごはん」と「日用品探索」を担当させていただくことになりました。感激。

台北「馬偕紀念病院」 で人間ドック初体験。

会社から勤続5周年のお祝いにと「馬偕紀念醫院」の人間ドックをプレゼントしてくれました。今回私が受けたのは胃と大腸の内視鏡検査が組み込まれた人間ドックのプランです。結果的にやっぱり行くことができてとても良かったと思っています。 もしこのブログをご覧になって「最近、うっかり健康診断してないな・・・」という方がいらしたら、ぜひ行かれてみてください。

台湾の靴下ブランド、+10(テンモア)の本が日本で発売に。(インタビュアーとして参加させていただきました)

台湾の靴下ブランド、+10(テンモア)の本が日本で発売になります。今回はインタビュアーとして参加させていただきました。 たとえ言葉は通じなくても、 彼女たちの世界観に触れたら 彼女たちの靴下を履いたら 「明日もう一歩踏み出してみようかな」、そう思えるパワーをもらえると思います。ぜひ手にとってみてくださいね。

台湾市場向けコンテンツマーケティングのNo.1専門家になる

たまには私の人生の中で大半を占める、仕事のことを。 私がこの先しばらくどんな仕事をしていきたいのか、だんだん固まってきました。 どうしてもなんでもやってみたくなる性分なのでひとつに絞るのって難しいですが 久しぶりに専門を決めました。 最近「コンテンツマーケティング」という名前がついたもののやっていることはずっと変わらず、 ”インターネット上に見込み顧客が関心のある良質なコンテンツを作り、 それを続けることで見込み顧客から引き合いをもらうこと。” だいたいこんなところでしょうか。

(中年にはまぶしすぎた…)キラッキラなYahoo!台湾の忘年会

Yahoo!台湾も大きな会社なので、忘年会と言っても何種類もあるのだそうですが、私たちが参加したのは広告代理店バージョンです。なので、出席しているのはすべて広告代理店。 台湾ならではの学祭並みに気合いの入った出席者たちによるダンス動画もぜひご覧ください!

インバウンド戦国時代。日本発台湾向けインバウンド系メディアまとめ

仕事で調べたことがあったので、まとめてみました。 2016年5月時点の情報なので古い部分も多いかと思いますが、また必要があったらupdateいたします。 「この媒体が入ってないのおかしいよ!」というご指摘も承ります。

【台湾マーケティング本】発売いたしました!

Kindleで電子書籍の出版に挑戦してみようと思ったのは2015年の年末のこと。 旧正月(2月)の前には出したいなと思っていたのですが、読みが甘く、延び延びになってしまいましたが ようやく今朝出版することができました。