TAG

台湾関連の雑誌・書籍

  • 2022年3月21日

台湾のジュンク堂書店で、選書フェア「近藤弥生子が選ぶ50冊」を開催していただくことになりました。

オードリー・タンさん語り、近藤弥生子執筆の新刊『まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう』(SB新書)が、台湾のジュンク堂書店さんに入荷されました。また、「新刊の刊行記念にぜひ」と、店長の鈴木さんにお誘いいただき、50冊の選書フェアを開催させていただくことになりました。

  • 2022年3月10日

『まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう』(SB新書)出版のご報告

ソフトバンク系列の出版社SBクリエイティブさんから、オードリー・タンさん語り、近藤弥生子執筆という形で、新書『まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう』を出版させていただきました。同社で多くのベストセラーを手掛けられている超敏腕編集・多根由希絵(たね・ゆきえ)さんによる企画です。

  • 2021年12月16日

『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」 自分、そして世界との和解』出版のご報告

すっかりブログでのご報告が遅くなってしまいました。 オードリー・タンさんのお母様が書かれた手記についての書籍を日本に向けてご紹介する書籍、『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」 自分、そして世界との和解』を2021年11月18日に出版いたしました。

  • 2021年9月1日

2022年春、SBクリエイティブさんから、オードリー・タンさんの新書を出版することが決まりました。

日本のSBクリエイティブさんから、“新書”という形でオードリー・タンさんの書籍を出版することが決まりました。 変化が激しく、先行きの見えないこの世界で、いったいオードリーさんにはどのような未来が見えているのか?といった大きなテーマを【オードリーさんが語り、私が書く】という形でお届けします。新書だと、単行本よりも価格も少しお安く提供できるので、より広い方に、より分かりやすく、オードリーさんのお考えをお伝えできたらと思っています。

  • 2021年5月27日

2021年末を目指し、オードリー・タンさんについての書籍を2冊、出版することが決まりました。

オードリー・タンさんについての書籍を2冊、出版することが決まりました。2021年末を目指しております。 ひとつは、台湾向けに中国語で出版する本です。こちらは『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』の翻訳本ではなく、また新たに書き下ろします。 もうひとつは、台湾で出版され、すでに絶版になっているオードリーさんのお母様の手記『成長戦争』を日本語で、日本に向けてご紹介する本です。

  • 2021年1月15日

初の自著『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』が2月18日発売になります。

ブックマン社さんより発売になるオードリー・タンさんについての評伝、表紙が解禁になりました。日本全国の書店さんでの発売は2月18日、電子書籍はちょっと遅れて2月末。Amazonでも予約がスタートしました。タイトルは、『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』。掲載文字数を数えたら、10万字を超えておりました。出版を記念して、トークイベントに登壇します(今後も決まり次第、この記事で情報更新していきます)。また、本書を置いてくださる台湾の書店さんの情報も記載しております(15%OFFの特別価格をご用意いただいた書店さんもあります!)。

  • 2020年7月30日

お知らせ:オードリー・タン氏についての書籍を出版させていただくことになりました

台湾のデジタル大臣オードリー・タンさんについての書籍を2020年秋に日本のブックマン社より出版させていただくことになりました。 私にとっては初めての著書出版となりますし、書かせていただくテーマがオードリーさんという素晴らしいお方なので責任重大でもあり、ものすごく緊張しているのですが…担当編集さんに初めてご連絡をいただいてから、これまでのやり取りから垣間見えるお人柄や、「一冊一冊を丁寧に売りたい」と言ってくださる姿勢を信じて、頑張って挑戦したいと思い至りました。

  • 2020年3月1日

雑誌『Pen』で台北のコラム連載が始まりました。 

2020年1月15日号から毎月、雑誌『 Pen 』の巻頭コラム「World Up Date」で台北を担当させていただくことになりました。 このコーナーは世界各都市のニュースを現地からお届けするというもので、こうして台北がスタートすることをとても嬉しく思います。 しかも自分が日本でずっと購読していた雑誌のコラムを担当させていただけること、博識なPenの編集さんたちとご一緒できること、光栄で感極まります。