TAG

台湾関連の雑誌・書籍

  • 2018年12月13日

祝・雑誌『&Premium』で本誌連載「&Taipei」がスタート

私も大好きな雑誌『&Premium』。2018年11月発売号から、創刊から五年間続いた「&NewYork」の後を引き継ぎ、我らが台北が始まりました。こちらの連載「&Taipei」では、片倉真理さん、田中美帆さんという大先輩と一緒に私は「台北の朝ごはん」と「日用品探索」を担当させていただくことになりました。感激。

  • 2017年11月19日

台湾の靴下ブランド、+10(テンモア)の本が日本で発売に。(インタビュアーとして参加させていただきました)

台湾の靴下ブランド、+10(テンモア)の本が日本で発売になります。今回はインタビュアーとして参加させていただきました。 たとえ言葉は通じなくても、 彼女たちの世界観に触れたら 彼女たちの靴下を履いたら 「明日もう一歩踏み出してみようかな」、そう思えるパワーをもらえると思います。ぜひ手にとってみてくださいね。

  • 2016年9月25日

雑誌『プレジデントネクスト』の取材で知ってびっくり、台湾でローカライズされて広まっている村上春樹の「小確幸」

村上春樹ファンの皆様、ご存知ですか?「小確幸」という言葉。(私はてっきり中国語だと思っていました) 彼の小説にちょっとだけ出てくる「小確幸」というこの言葉が、ここ台湾で独自の進化を遂げて広まっているんです。 取材のお手伝いをしたのがきっかけで、とても興味深い事実を知ることができました。 そして台湾での村上春樹人気がアジアだけでなく世界でもトップクラスだということを、恥ずかしながら今回初めて知ることになりました。また、心底感激したのが、村上春樹のほとんどの小説の繁体字中国語版の翻訳を手掛けられている翻訳家・賴明珠先生にお会いできたこと。やっぱりカルチャーって最高に面白い。よろしければぜひご覧ください。

  • 2016年9月25日

旅上手な友人の旅行記を見せてもらうようなイラストガイド本『わくわく台北さんぽ』

大好きなイラストレーターのオガワナホさんが、台北イラストガイドブックを出版されました。旅慣れたナホさん。いつも好奇心いっぱいに旅行中もかなり精力的に動いているのを見ていましたが、「どんなガイドブックになるんだろう!」ととっても楽しみでした。 私もちゃっかり、光栄にも「弥生子さんと学ぶ はじめての台湾語」なんていう素敵なタイトルのページに登場させていただきました。 編集者としてお仕事をご依頼させていただく前からファンだったこととともにこの本がどれだけ素敵なのか想いを込めて書きました(いつものように駆け足で書いたので乱文ではありますが><)。よかったらご覧いただけたら嬉しいです。

  • 2016年2月18日

anan台湾特集、クチコミちょっぴりだけご提供させていただきました♡

2016年2月17日発売のanan台湾特集、本当にささやかなクチコミを提供させていただきました。 今やKindleでもダウンロードできるからiPhoneでも読めるし、海外組にも、旅行中にも便利ですね!  腕利きライターさん擁するananならではのトレンド情報満載の読み応えある特集でした。よろしければぜひ♡

  • 2014年9月7日

日本人が知らない「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の秘密

台湾にはたくさん美味しい小籠包屋さんがあるのは事実ですが、いつ行っても同じレベルの美味しさが期待できるって言うのはすごいことだと思います。たまたま本屋さんで「鼎泰豐」についての新刊を見かけたので、ちょっとご紹介してみたいと思います。

  • 2013年10月4日

日経トレンディ寄稿☆ 台北の子どもたちが感じている、お父さんとの関係を大調査!

今回も、日経トレンディネットさんに寄稿させていただきました。 テーマは「子どもとお父さん」。 台北市の児童福祉連盟が父の日にちなんで行った大調査の結果をレポートしたものです。 レポートだけじゃなく、台湾出張にかこつけて街頭取材もして参りました。