日帰りOK!台北近郊の温泉地[川湯/陽明山温泉]

スポンサーリンク

北投、烏來など、温泉が豊富な地として知られる台湾ですが、
台北市内からタクシーで片道30分程度、
400元(1200円)くらいで行けるのが「陽明山温泉」です。
「温泉郷」と呼ぶには小さい気がしてしまうくらいひかえめな、
けれどタイワニーズにもファンの多い温泉地のようです。
陽明山温泉
私がお邪魔した「川湯」さんは、
この温泉地が賑わい始めるきっかけになったというお湯処。
日本式の温泉と料理を売りにオープンして以来、大人気なのだそう。
名前の通り、川のほとりにあって、
山川の織りなす景色、風や音などの自然が感じられてリラックスできます。
川湯 陽明山温泉
入浴料金は1人200元とですが、
レストランで1人400元以上の食事をすれば、
温泉が無料で入れる仕組みになっています。
温泉は、個室風呂と露天風呂の2種類があって、
個室風呂にはすごい行列ができていました。
(土曜の夜に行ったのですが、家族が多かったです)
台湾の露天風呂は水着着用というイメージがありますが、
こちらは日式を売りにしているからか、日本と同様、裸で入ります。
女湯は、湯船に入る際、入り口でもらえるシャワーキャップ必着です。
そんなこともあってか、けっこう清潔感があって寛げました。
川湯 陽明山温泉
中はさすがに写真を撮ることはできませんが、
コイン式のロッカー(20元入れて戻っては来ません)
トイレや洗面所もあり、
シャンプー、ボディシャンプー、ドライヤーなどは備えられています。
ジャグジー(パワーが弱い気も・・)
そんなに熱くないけれど杉の木で出来た気持ちいいサウナ(無料)
各種マッサージ(有料)
なんかもちゃんとあります。
パンフレットに「SPA」って書いてあるけれど、
それがどんなものだったのか、ちょっと分からず。
露天風呂も広くて気持ちよかったです。
私が入った時は、34℃くらいでした(表示が正確なものであれば)。
日本式を売りにされているようなのですが、なぜか北海道のものが多いんです。
BGMも日本語の演歌が流れています。
川湯 陽明山温泉
ちなみにレストランのごはんは
まぁまぁ・・・というところです。
「養生火鍋」などの薬膳鍋が5種類くらいありました。
このお鍋のスープは美味しかったです。
台湾料理と日本料理どちらもあるようです。
メニューにも日本語がありましたよ。
川湯 陽明山温泉
川湯 陽明山温泉
■川湯
台北市行義路300巷10號
MRTも近くまで通っているので
こちらでもいいかも。淡水線「石碑駅」です。
▼公式サイト(中国語)
http://www.kawayu-spa.com.tw/01.htm
▼「旅々台北」さん掲載記事
http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10220.html


Comments
  1. anz
  2. yaephone

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です