台湾で育児 Archive

蛍に囲まれて、子連れで快適キャンプ! ウーライの山にある「文山農場」

4月下旬の週末、ママ友たちと、台湾で初めてのキャンプに行ってきました。 場所は温泉で知られる新北市・ウーライ(烏来)の山の上のほう。

台湾版ディズニー!?「六福村-動物園側」へ日帰りおでかけ

ある日、あの有名な「六福村」へ行ってきました! 六福村は、新竹にある台湾人にとって超ローカルな遊園地。1979年に(当初は六福村野生動物公園として)オープンし、2014年には35周年を迎えたということです。

新竹・北埔エリアへ一泊二日の子連れプチ旅行 -おすすめの民宿と、内湾老街

仲良しママ友とその家族たちと、一泊二日の小旅行へ行ってきました。 小旅行の後編は、泊まった民宿と遊び倒した”内湾老街”。こちらもハイライトだけ記事にアップして行きたいと思います★

新竹・北埔エリアへ一泊二日の子連れプチ旅行 -「緑世界生態農場(グリーンワールド)」

新竹の北埔エリアにある、自然と動植物の生態を観察できるテーマパーク「緑世界生態農場(グリーンワールド)」。凄まじく広いテーマパークなので、サクッと回ってもあっという間に一日が終わります!笑

台北で自転車生活スタート!

どこに行くにもたいていNT$200(600〜800円)以内で行けちゃうので 台北にいるとついついタクシーを利用してしまいますが、ずーっと買いたかった自転車を買いました!

[電鍋レシピ]台湾流、のどの痛みや咳に効く「甘〜い玉ねぎスープ」を教わりました!

風邪っぴきで咳が止まらない息子のために教えてもらった 電鍋を使った”玉ねぎスープ”がとっても美味しくてよく効いたので、ご紹介してみようと思います★ 玉ねぎスープと言っても、このスープは水を入れません!玉ねぎを蒸して出て来る汁を飲むんです。

花博の跡地・花博公園が、とっても楽しいことになっていた!「MAJI MAJI集食行樂」

MRT淡水線の「圓山」を出たらすぐそこに広がる花博市場。 花博が終わった今、とっても楽しいマーケットができていました! 台湾版「DEAN & DELUCA」だー!と思ったのが、「神農市場」。ここは台湾観光のお土産を調達するのにもぴったりですよ★

おすすめ!台湾の絵本『巨人和春天』

絵本って思想が強く反映されるから、台湾で支持されている絵本にどんなことが書いてあるのかも気になりませんか?  絵本『巨人和春天』の作者・郝廣才さんは台湾の児童文学界の重要人物で、この『巨人和春天』を出版したのちに独立し、自分たちの出版社「格林繪本網(Grimm Press/グリムプレス)」を立ち上げているそうです。

台湾の廃油ラード(餿水油)事件で、注目集まるふたつの老舗食品メーカー

9月に入ってから一気に浮上した台湾の廃油ラード(餿水油)事件が、世間を騒がせています。 私は、“廃油ラード事件=台湾の食べ物って怖い”ではないということをお伝えしたいと思い立ち、ブログを書くことにしました。その前に、「廃油ラード(餿水油)事件って何だ?」のおさらいです。

かさばる日用品は台湾版Amazon「PChome24購物」におまかせ♪

台湾に来て4カ月が経過しています。 すっかり久しぶりの更新になってしまいました。 久しぶりの更新なのに、とっても生活じみた話題ですね。笑

日経トレンディ寄稿☆ 台北の子どもたちが感じている、お父さんとの関係を大調査!

今回も、日経トレンディネットさんに寄稿させていただきました。 テーマは「子どもとお父さん」。 台北市の児童福祉連盟が父の日にちなんで行った大調査の結果をレポートしたものです。 レポートだけじゃなく、台湾出張にかこつけて街頭取材もして参りました。

女友達のおかげで、私が台湾で働き始められたと言っても過言ではない。

落ち込むことが多くても何とかやってこれたのは、周囲の方々にいつも本当に助けられてきたからに他なりませんが、今日はお礼の意味も込めて、学生時代の友人と台北で再会したことをアップしたいと思います。

台湾最南ビーチリゾート、墾丁(ケンティン)への旅 その3★ 国立海洋生物博物館

ケンティンで大雨に見舞われてしまったので、ローカルバスで40分ほどのところにある国立海洋生物博物館へ。沈没船を引き上げて水槽の中に入れてあってドキドキ!汗 生きたサンゴも、泳げない私には感動モノでした。

弱っている時は日本語医療!台安病院出身の女医さんが開業した小児科「黄文香兒科診所」

日本にいても、できたら台湾のことで書き残しておきたいことは 記事にして行きたいと思っております。 その代表格がこちら。日本語の通じる病院情報です。

台湾のジューススタンド「COMEBUY」にキッズラインが登場!

最近東京・新宿アルタにも、銀だこさんのプロデュースでオープンした台湾発・世界展開しているジューススタンド「COMEBUY」。なんと、キッズラインができていました!