インバウンド対策までばっちりフォローできるような台湾マーケティング本を出します!

スポンサーリンク

2016年が明けたところで、自分自身へのプレッシャーとしてこのお知らせを公開したいと思います。

Kindle電子書籍で本の出版にチャレンジしたいと思っています

台湾のマーケティングに関する本で、出版予定は2016年の2月あたり!!(遅れたらごめんなさい)

日本出張で感じた台湾マーケティングへのニーズの高まり

2015年11月のことです。
社長とふたり(+息子を日本の実家へ送り届けて預かってもらいつつ)東京出張してきました。

台湾,インバウンド,マーケティング,本,Kindle,キンドル

出張中にオフィスを間借りさせてくださった弊社クライアント「ラーチーゴー」の皆様と♡

最近、日本の企業様へ台湾へのコンテンツマーケティングのアウトソーシングサービスをご提供することにしたので、そのご挨拶でした。

台湾でのコンテンツ・マーケティング -オウンドメディアの制作・運用・集客までアウトソーシングを承ります

資料はこちら↓↓↓


木曜の夜に突然決めて、土曜から一週間という弾丸出張でしたが、お会いする方々から台湾マーケットへの意識が高まっているのを感じました。

私が日本を離れてけっこうな月日が経ちますし、かなり急な連絡だったにも関わらず、
快く時間を割いて会ってくださったり、大切な取引先を紹介してくださったり・・・そろそろいい年ですが、涙が出ちゃいました。
本当に感謝しております。

台湾,インバウンド,マーケティング,本,Kindle,キンドル

嬉しい再会の嵐でした

台湾,インバウンド,マーケティング,本,Kindle,キンドル

何も知らなかった私を育ててくれた汐留の街。仕事の恩は仕事で返したいと強く思いました

ランチは立ち食い蕎麦で済ませるくらい(それでもやっぱり日本のご飯はおいしいですね!!涙)アポイントでぎっちりでした。

デジタルもオフラインも両方に言及した、台湾マーケティングの指南書を出したい

私がふだん台湾でお取り引きさせていただいているのは、すでに台湾に進出されていらっしゃった企業の方がほとんど。
そのため「そもそも台湾とは、人口が約2300万人で、その約65%以上がfacebookのアカウントを持っていて、お年寄りまで頻繁にスマートフォンを使いこなしていて、香港と同じ繁体字中国語が使われていて・・・」といった基本は飛ばして、もっと具体的な施策についてお話させていただくことが多いです。
ただ、今回の出張でお会いした方々は、普段は国内のマーケティングをご担当しているけれど、急遽、台湾などアジアを見ることになった方が多いようでした。

スポンサーリンク

2020年のオリンピックに向けて、インバウンド対策の必要性が高まるなか、世界でいちばん訪日旅行者が多く、その8割がリピーター、消費金額も世界No.2(中国の次です!)という親日ぶりでも知られる台湾は、インバウンドマーケティングにおいて見過ごせない重要エリアです。
でも急に”インバウンド対策で台湾”と言われても、「旅行では行ったことがあるけど、台湾ってどうなの?」「香港や上海とどう違うの?」「実は行ったことないです。笑」という方も多いのではないかと思います。

私たちローカル企業にとっては、台湾へマーケティングしたいという企業が増えることはとても嬉しいことでもあります。台湾と日本との垣根がもっともっと低くなればいいなと思っています。

弊社はデジタルマーケティング企業ですので、デジタルマーケティングに関する情報なら問題なくご提供できるのですが、マーケティングするうえでは、オフライン(テレビなどのマスコミや旅行代理店などの誘致、イベントのプランニング・実施など)の情報もくまなく知りたいですよね。
そこで、私たち台湾ローカルのデジタルマーケティング企業「田中系統顧問」と、弊社のクライアントでもありパートナーでもある台湾現地のPR・マーケティング企業「誠亜国際有限公司」と、台湾のマーケティングについての書籍を出すことにしました。

台湾現地のPR・マーケティング企業「誠亜国際有限公司」代表の矢崎誠さん

台湾現地のPR・マーケティング企業「誠亜国際有限公司」代表の矢崎誠さん

これならきっと、台湾に関する最新マーケティング事情を網羅した一冊ができるはず。

引き続きご期待ください!

ちょうど私が編集者出身なので、出版社さんのお世話になることもなく、電子書籍で作ってみたいと思います。
ただ・・・雑誌やWebメディア出身なので、書籍は人生初! 仕上がりが大丈夫かドキドキです。

台湾を訪れたことがない方も、台湾に駐在経験のある方もきっと直面する「どうしたら訪日外国人観光客が来てくれるか?」「どんなところにニーズがあるのか?」「どんな事例が成功しているのか?」「いくらでできるのか?」といった現場で実際に直面する疑問にも役立つヒントが得られるよう、使える一冊を作っていきたいと思います。

2016年、ブログも間もなく5年目に突入!
4歳になり、しっかり歩けるようになった息子を見習って、私も自分が人の役に立てるくらいまでしっかり立ち上がりたいと思います。

台湾,インバウンド,マーケティング,本,Kindle,キンドル

スーツケースを運ぶのを手伝ってくれるようになりました。息子は私の頼もしいパートナーです

台湾,インバウンド,マーケティング,本,Kindle,キンドル

一週間の出張を終えて実家に息子を迎えに行くと、しばらくは顔を合わせてもらえませんでした。笑

書籍の進み具合についてはまたアップしていきたいと思いますので、もしご興味があればご覧くださいませ!
最後になりましたが、2016年もどうぞよろしくお願いいたします。