2015年、台湾のGoogle検索キーワードランキングを振り返ってみる

スポンサーリンク

旧正月が来るまではまったく新年明けました感がない台湾です

101のカウントダウン花火が今年で終わりだとかいうニュースもありましたが、
カウントダウンも日本とは全く違う盛り上がり方で、
元旦の金曜日だけがお休みになり、普通に土日を終えたらもう2016年を迎えておりました。

でもなんだか日本のみんなは新年を清々しく迎えていてうらやましい!
そこで私も無理やり新年感を出してみたいと思いたち、
2015年の台湾Google検索キーワードランキングをご紹介することにしました。笑

検索キーワードは、みんなが知りたいキーワードを客観的に、そして如実に語ってくれる
時代を映す鏡のようなものとも言えますよね。

台湾では2015年にどのようなキーワードが検索されたのでしょうか?

「快速竄升關鍵字」つまり急上昇キーワードのランキング ベスト10

ひとつずつ簡単にざっくりご紹介して行きます〜

1位は台風。

2014年に比べ、2015年は台風の数が二倍だったそう。
台湾は台風が来ると政府の通達で「颱風假」になります。「颱風假」とは台風により学校や仕事がお休みになること。
なので台風は生活に密着した注目のキーワードでもあると言えるでしょう。
ちなみに「颱風假」になっても、台風の直撃を免れて晴れているというケースも多いんです。そんな日はみんな、ラッキー♪と街やデパートへ繰り出し、棚ボタの休みを満喫するのです。

2位は2015年の夏に公開され大ヒットを記録した映画『我的少女時代』。

台湾を代表するアイドルグループS.H.Eのメンバー・ヒビ(Hebe/田馥甄/ヒビ・ティエン)がソロで歌う主題歌「小幸運 A Little Happiness」も大ヒットとなり話題になりました。

この映画のストーリー自体はすごくありふれた純愛物語で、学校でいちばんかっこいい先輩と、いちばん可愛い女の子が付き合うけれど、それぞれに片思いする不器用だけれど素直な男女の主人公たちが結果的に恋に落ちて結ばれる、という内容だそうです。
ありふれているけれど、台湾映画になると急にそれすらも愛おしくなるのはなぜなんでしょうか。笑

【我的少女時代 Our Times】Movie Theme Song – 田馥甄 Hebe Tien《小幸運 A Little Happiness》Official MV

3位は威力彩。台湾で人気のロトです。

  

4位は世界12強棒球錦標賽。世界野球WBSCプレミア12。

日台合同での主催で話題になりました。

▼そのうちクローズしそうですが、Yahoo台湾の特設サイトはこちら
▼日本の公式サイトはこちら

5位は寬宏售票。售票とはチケット販売の意味で、こちらはチケット販売サイトです。

このキーワードは9位にランクインしている「江蕙」と関係しているので、またのちほど書きます。

寬宏售票

チケットサイト寬宏售票

▼寬宏售票
https://www.kham.com.tw/application/utk01/utk0101_.aspx

6位は武媚娘傳奇。

唐朝時代を舞台にした中国大陸のドラマで、英語名は「The Empress of China」。
武媚娘はよくドラマ化されているようですが、今回のドラマは現代にマッチした衣装や配役で大ヒットしたのだそうです。

武媚娘傳奇

ドラマ「武媚娘傳奇」

▼中天電視の「武媚娘傳奇」公式サイト
http://blog.ctitv.com.tw/empressofctitv/Default.aspx

7位はHow-Old.net。

写真をアップすると年齢を出してくれるWebサービスです。
たくさんの人が思わず試して、そしてfbでシェアしたくなるようなしかけでヒットしました。
http://how-old.net/

スポンサーリンク

▼How-Old.netサイトはこちら
http://how-old.net/

8位は玩命關頭7。ワイルド・スピード SKY MISSIONです。

えーもう7作目になるんですか!!とびっくりしました。
玩命關頭7。ワイルド・スピード SKY MISSION

9位は江蕙。

江蕙は台湾を代表する女性シンガーです。台湾語で歌うのが彼女の特徴で、2015年に引退を発表したのだそうです。
台湾のレコード大賞的存在の「金曲獎」で、台湾語の女性歌手として4年連続受賞したときには「若手に譲りたいから」と言う理由でそれ以降のノミネートを辞退するような人格者であることも、台湾人に人気を誇る要因のようです。
今の20代30代の若者たちのちょうど父親母親世代に絶大な支持を得ているので、チケット購入サイトは父親母親にチケットを買ってあげたい若者たちが殺到したと言うことです。
そのチケット購入サイトが、5位にランクインした「寬宏售票」です。

▼日本語で許可を取って運営されているサイトがありましたのでリンクを貼らせていただきます
http://www.jodychiang.jp/

▼江蕙さんの公式facebookファンページはこちら(中国語)

10位はiPhone 6s。

以上がGoogleの2015年急上昇検索キーワードでした。


2015年の台湾Googleホットキーワードは?

ホットキーワード、1位がFacebookで2位がYahoo台湾って。笑

ちなみに台湾のFacebookの普及率は日本の3倍。
よく「台湾ではGoogleとYahooってどうなの?」って聞かれますが、検索数ではGoogleがYahooを抜いているものの、コンテンツ(ニュース、ヤフオク、ショッピングモールなどなど)が多いYahooは、到達率で見るとまだまだトップです。


テレビドラマに関する人気のGoogle検索キーワード

このランキングについて、台湾人女子の友人と話していて
何が印象的だったかを聞いたら、
「ドラマは韓国が流行っているから、ぜんぶ韓国のなのかと思ったら、台湾のもランクインしていてびっくりした!」という感想。

台湾製作のドラマ

  • 2位 終極惡女
  • 4位 世間情
  • 6位 莫非這就是愛情
  • 7位 我的寶貝四千金
  • 9位 軍官情人
  • 10位 致第三者

韓国製作のドラマ

  • 3位 皮諾丘
  • 8位 學校2015

大陸製作のドラマ

  • 1位 武媚娘傳奇
  • 5位 花千骨

彼女はF1層ですが、彼女の周りの友人の間でも、韓国のドラマは台湾と比べてファッションや美術が優れているから好きなのだそう。整形しているから男女ともに美しくて、見ていてうっとりするのだそう。ただ、ストーリーは定番のラブストーリが多く、観た後にあまり何も残らないと思うそう。

対して日本のドラマはランクインこそしていないものの、多種多様なストーリーが魅力的で、半沢直樹のドラマの「倍返し」が台湾でも「加倍奉還」と中国語としても流行ったように、社会に影響を与えるような存在なのだそうです。


ちなみに日本のGoogle検索急上昇キーワードランキングはこちら

台湾とまったく違うラインナップ!
日本は時事ネタが多いですよね。
比べて見てみるとお国柄が感じられて、よりいっそう楽しめます〜。

▼2015年Google検索キーワードランキング一覧はこちら
https://www.google.com.tw/trends/topcharts#vm=cat&geo=TW&date=2015&cid