ロープウェイに揺られて、お茶の名産地・猫空の茶芸館「邀月茶坊」へ!

スポンサーリンク

猫空は台北市内からのプチトリップにぴったり!

台湾茶の産地であり、
パンダがいる動物園があり、
ロープウェイで夜景も楽しめる猫空は
台湾旅気分を味わうのにぴったりの場所だと思います〜。

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

猫空の夜景(邀月茶坊から夜景は見られません)

先日も、日本から来た先輩を
行ってみたかった茶芸館「邀月茶坊」へお連れしましたので、アップしてみます。
猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

決してアクセスが良いとは言えないので、平日の仕事終わりに子連れではなかなか行けないけれど
日曜の夜に行ってきました!

猫空へのアクセス

茶色のMRT文湖線で「動物園」駅まで行ってもいいのですが、
私は自宅近くのMRT「市政府」駅からバスに乗って、約20分ほどで「動物園」駅へ。

そこからロープウェイ(=中国語で”纜車”)の「動物園」駅へ歩いて(約5分)、
「動物園」駅 → 終点の「猫空纜車」駅まで50元、約30分ほどです。

ロープウェイには床が透明のものがあって
ドキドキー!

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

猫空のクリスタルロープウェイ!

夜景を眺めながらロープウェイに揺られていると、
日常から離れて台湾に旅行に来ているような気持ちになって、すごくリフレッシュできます^^v

猫空から茶芸館「邀月茶坊」へのアクセス

茶芸館「邀月茶坊」へ向かうには、
「猫空纜車」駅に着いたら、駅を出た向かい側にあるバス停から
”小10路”または”棕15路”という市バスに乗ります。
しっかりしたお店のバス停留所はないのですが、お店の門のところで落としてくれるので
「邀月茶坊」へ行きたいと伝えるか、紙に書いて見せても良いと思います。

▼「邀月茶坊」公式サイト内のアクセスマップはこちら(中国語)
http://www.yytea.com.tw/howtogo.php

タクシーでも行けるのですが、ロープウェイを降りた「猫空纜車」駅からタクシーに乗って「邀月茶坊」へ行くのは100元くらいなので、タクシーの運転手さんから「バスに乗ってよ」と言われたりすると思います。
タクシーの運転手さんは、長距離を狙ってロープウェイの終点まで登ってきているのでしょうね。

すごいのが、市バスと言ってもかなり夜遅くまで運行しています。

■小10路
平均30分に一本、毎日約27本運行(6:00〜22:45)

■棕15路
月〜木曜 毎日平均8本運行(6:00〜0:00)
金〜日曜 ピーク時間は20分に一本(6:00〜0:00)
※変わっている可能性もあるので、バス運行情報サイトで調べてみた方が良いと思います。

▼とっても便利な台北市のバス運行情報サイト。英語バージョンもあります。
http://www.taipeibus.taipei.gov.tw/

バスを降りたところ

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

棕15路のバスが私たちを降ろして走り去って行きます

茶芸館「邀月茶坊」へ到着!

入口の門から小径を下ってお店へ向かいます。

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

邀月茶坊の入口の門

スポンサーリンク


(すみません、いつもながら子連れで写真がめちゃくちゃ・・・汗)
途中、右手に「寒舎」というもうひとつの有名な茶芸館への道が出現しますが、
道なりに左に進みます。
猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

お店の入口までのアプローチ

雨の夜だったので、テラス席は使えませんでしたが
しっとりした趣があって素敵でした。

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

雨なので使えなかったけれど素敵なテラス席

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

テラス席

お茶や茶葉料理をいただきましたよ〜。
猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス
アルコールがなくても楽しめます。笑

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

邀月茶坊の店内

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

邀月茶坊の店内。半テラス

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

茶葉用の機械も!

猫空,茶芸館,おすすめ,木柵,邀月茶坊,ロープウェイ,アクセス

バックヤードも丸見え!笑

猫空の茶芸館は24時間営業のところがたくさんあって、
台湾人たちはカードゲームをしたり、
友達や家族、恋人たちとおしゃべりしたりと、思い思いに時間を過ごす場所として利用しているようです。

私たちは店員さんに「日本人客も多いけれど、みんな昼間に来るよ!」とびっくりされました。
日本語のメニューもあって安心です♪

帰りは、タクシーを呼んでもらっても良いですし
「そろそろ帰りたい」と伝えておけば、市バスが来る頃に呼んでくれます。

私たちは市バスで動物園駅まで行って
そこからタクシーで帰りました。(電車もあったのですが)

台湾人たちが普段から行くローカルな場所として、猫空はおすすめです〜!

猫空の茶芸館「邀月茶坊」基本情報

住所:台北市文山區指南路三段40巷6號
電話:02-2939-2025、02-2937-8771
年中無休/24時間営業
▼公式サイト(中国語)
http://www.yytea.com.tw/index.php

▼旅々台北さんの紹介記事(日本語)
http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10264.html


【2017年3月23日追記】

↓会社の幹部会議でこちらのお茶屋さんに行ってきました。
昼間はまた違った雰囲気でそれもとても良かったです。
また後日更新したいと思いますー!