台安病院の一般外来で産婦人科検診!

スポンサーリンク

台湾の健康保険証ができたので、一般外来での婦人科検診に切り替えます!

こんにちは。
タイ旅行(バンコク&サムイ島)から帰って来て2日後に
日本への帰省(茨城・水戸→東京→岩手・平泉→宮城・鳴子→茨城・水戸→神奈川・横浜)と、移動ばかりの1カ月も終わり、ようやく台北に戻って来ました。

台風15号の直撃で、台北に戻るフライトが1日遅れるというハプニングもありましたが、シルバーウィークを利用しての友人たちの来台には間に合ってホッ。

色々ネタが溜まっているのですが、早くお伝えしたいと思ったのが、1カ月ぶりだった昨日の台安病院での検診。
かなり長文になりますが、最近、「台湾で出産する」という方からのお問い合わせを多くいただくので、細かめに記載させていただきます〜。

本日のメニュー

  • 一般外来での産婦人科受診
  • 台安病院での分娩&入院の費用について
  • 台安病院の売店について
  • 台安病院の公式サイト案内

一般外来での産婦人科受診にチャレンジ

これまでは、通訳が付いて予約もできるけど健康保険が効かない(=実費!)「特診(特診中心報到)」を通してかかっていましたが、台湾滞在4カ月以上という条件を満たして台湾の健康保険証ができたので、今回からは一般外来にチャレンジすることにしました。

一般外来のかかり方

特診を通せば、毎回の体重・血圧・尿検査をスタッフさんにしてもらえますが、一般外来では、自分で行います。正面玄関すぐのエスカレーターを上った二階の右手にあります。

その結果を自分で紙に記入したら、カウンター(産婦人科は独立カウンターが2階にあります)で受付を済ませます。
受付が済んだら、予約を取っている先生のいる部屋のドアのポストに、母子手帳・保険証・診察券・先ほどの検査結果・予約表などを投函して、あとは待つだけ。

こんなに簡単だけど、昨日は初めてでまったく流れが分からなくて
看護士さんに聞いても中国語が早過ぎて聞き取れず、
 ↓
聞き直してもドアを閉められ(いや分かります、台安の産婦人科の看護士さんってめっちゃ忙しいんです)
 ↓
くじけず別の人に聞いたら「ここで待っててね」と言われたので安心していたらそのまま忘れられていて
 ↓
しかも予約を取った先生が、急に休んでいて、もう一回予約を取り直すことからスタートと言われ、けっこう半ベソでした。笑

だけど、いいこともありました☆
予約を取り直して診てもらった先生が、いつもの先生より全然丁寧だったこと!

よく話題になる、産婦人科のお医者さまのおすすめについて

台安病院にも人気の先生がいらっしゃって、台湾人の妊婦さんたちも相当待って診てもらったりしているようですが、
私はあんまり気にせず、割り当てられたお医者さまにそのまま診てもらっていました。

そのお医者さま、いつもは「大丈夫、大丈夫〜」みたいな感じで、診察が3分くらいで終わっていたのですが、
昨日のお医者さまは、全開の検診の結果を筆談を交えて教えてくれたり、丁寧に診てもらえました。
ということで、次回からはこちらの先生にかかろうと思います。

以前、ブログをご覧いただいている方からおすすめの先生を聞かれて、
「人気の先生もいるけれど、台安病院の先生なら特にどなたでも大丈夫だと思いますよ〜」とお答えしてしまったのですが、やっぱり違いは多少なりともあるんですね。

でも、感じ方も人それぞれだと思いますので、実際にかかってみて、安心して診てもらえる先生を見つけるのがいちばんだと思います。

一般外来にしたら医療費がめっちゃ安くなった!(当たり前)

ちなみに、特診を通していたときは(検査によって差があるものの)だいたい4000元くらい〜だった診察費が、この日はたったの150元!(何も検査しなかったからっていうのもあります。)

この差は大きいですね! 中国語のトレーニングだと思って、またこれからも頑張ります☆

台安病院での分娩&入院の費用について

分娩&入院の費用や手続きについては、妊娠38週目くらいで説明されて資料などももらえるらしいのですが、もうちょっと早めに知りたかったので、お医者さまにお願いして、前もっていただいた資料がふたつ。

スポンサーリンク

↓ 産院案内(写真左)と、準備品の説明パンフレット(写真右)
台安病院,出産,分娩,入院,一般外来,費用,特診,台湾,台北
「準備品は売店でも買えるよ」とか、たいしたことは載っていませんが・・・。

↓そして、分娩・入院についての資料「產婦住院須知」。
台安病院,出産,分娩,入院,一般外来,費用,特診,台湾,台北
こちらは1階の「住院部(入院部)」というところでもらえました。会計カウンターの左側にあります。
「分娩&入院の流れ」と「費用」が記載してあります。
費用についてはざっくりですが、こんな感じらしいです。


台安病院の分娩・入院の費用

資料「產婦住院須知」※民国99年(=西暦2010年)4月改訂版より抜粋

分娩(保険適用外)

  • 自然分娩 13000元
  • 帝王切開 +8000元 + 入院3日 9500元
  • 無痛分娩 +7000元

入院
自然分娩の場合は3日間入院

  • 4−6人部屋:6000元(保険適用)、43000元(自費)
  • 2人部屋 :13000元(保険適用)、47000元(自費)
  • 1人部屋 :22000元(保険適用)、53000元(自費)
  • 特等部屋 :26000元(保険適用)、60000元(自費)

入院部屋は、希望は出せるものの、はっきりとした予約はできないようで、当日の状況によって左右されるそうです。
が、先輩のアドバイスによれば、台湾人は生後すぐから周囲がお祝いに駆けつけてワイワイやるので、静かに過ごしたいという方は、1人部屋や2人部屋がいいそうです。
上記のほか、紙おむつなどのベビー用品やら、お産用ナプキンやら何やらでいろいろプラスしてかかること、帝王切開の場合の料金なんかも、この資料「產婦住院須知」に記載してあります。


☆料金が一部改訂されていました!(2011.11.21)
こちらご参照ください。
台北・台安病院「分娩室&入院施設の見学ツアー」へ


台安病院の売店について

台安病院は問面にもベビー&マタニティグッズのお店がありますが、病院の敷地内にも、別棟に「醫療用品 便利商店」というのがあります。
台安病院,出産,分娩,入院,一般外来,費用,特診,台湾,台北
貧血気味だった時にお医者さまにおすすめされたサプリは、ここで購入しました。
先生の名前を言えば、1割引になります(バックマージン発生してたとしてもありがたい)。
鉄分、葉酸、ビタミン類が入った妊婦用サプリ
1日1錠、100粒入、定価1000元
台安病院,出産,分娩,入院,一般外来,費用,特診,台湾,台北

ではでは、長くなりましたが、この辺で!
ついに私も妊娠8カ月目に突入、これからは診察も2週に1回となりました〜。ひょえ〜!

台安病院の基本情報

基督復臨安息日會醫療財團法人臺安醫院(Taiwan Adventist Hospital)
台北市松山區八德路2段424號
TEL.02-2771-8151
・最寄りのバス停 
「臺安醫院站」、「八德敦化站」、「台視站」
・最寄りのMRT駅 
板南線「忠孝復興駅」、板南線「忠孝敦化駅」、木柵線「南京東路駅」
いずれも駅から徒歩15〜20分
▼アクセス詳細
http://www.tahsda.org.tw/main/?mode=category&categoryID=3&subcategoryID=20
ざっくり言うと、ブリーズセンター(微風広場)の近くです。
▼公式サイト(中国語)
http://www.tahsda.org.tw/
▼「日本語特別外来」(特診中心報到)についての公式サイト(日本語)
http://www.tahsda.org.tw/pcc/pccJapanese/


Comments
  1. ふじけん
  2. らいち
  3. yaephone
  4. yaephone
  5. らいち
  6. みっちー
  7. yaephone
  8. yaephone

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です