妊娠中に読んで、救われた本たち

スポンサーリンク

まだ無事に出産できていないので
若干、気が早いですが、
私の妊娠生活、本にかなり助けられてきました。
なので、バタバタになる前に
お礼の意味も込めてご紹介させてください!
今まで、仕事(やお酒)に夢中だったので
結婚はもちろんのこと、妊娠・出産については本当に知らないことばかり。
しかも、来たばっかりの台湾で。
ダンナさんもいるし、お友達ができたとはいえ、
たいていはひとりだから、不安な時も多かったです。
妊娠した私に、先輩ママが速攻で日本から贈ってくれたのが、この2冊。
贈ってくれたのは、私たちの結婚式の写真を撮ってくれた
移動写真館「黒目写真館」のフォトグラファーの奥さま。
彼女もママになったばかりで、
しかも私とも知り合ったばかりなのに・・・! ありがたいことです。
他の妊婦さんのブログ等にも、「この2冊さえあれば!」と紹介されていることが多いようですが、
ほんっとうに、この2冊を読むだけで、かなり心強かったです。
はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
A.Christine Harris (著), 竹内 正人 (著)

赤ちゃんの成長について、“毎日”紹介されているのが
この本のスゴいところ。
ちょーっとしたことでも、その時期に起こりやすいトラブルや、
赤ちゃんの状態、妊婦の身体が今どんな風に変化しているか等、
毎日、細かくアドバイスが書いてあります。
毎日成長や感じたことを書き込めるスペースもあるから、
妊娠ダイアリーのように使えてとっても便利!
産んだ後も、「あの時はこうだったんだなぁ」と、読み返したりできます。
私は、行った場所や、食べたものを記録するようにしています。
特に妊娠初期、出血が続いていて、不安で仕方ないけど
病院で言葉が通じない時とか、これを何回も読みました。
すべてがわかる妊娠と出産の本
ハイディ マーコフ (著), サンディ ハザウェイ (著), アーリーン アイゼンバーグ (著), 竹内 正人 (監修), 森田 由美 (翻訳)

著者はアメリカ人の経産婦さん。
ご自分の初産が、不安だらけで大変だったことから、執筆を決意して書き上げたという
アメリカでずっとベストセラーであり続ける、マタニティ本。
不安になるポイントも的確に拾ってあって、
「本当に、ママさんが書いたんだなぁ・・・」と随所で感じられる、
優しさにあふれた本です。
きっとたくさんのママの妊娠&出産バイブルなんですね。
手元にこの本があるだけで、救急箱を持ち合わせているような気持ちになれました。
ディック・ブルーナによるカバーイラストも、素敵ですよね。
ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)
アリスン・マギー (著), ピーター・レイノルズ (イラスト), なかがわ ちひろ (翻訳)

妊娠した私に、母が日本から送ってくれた絵本です。
母からは他にもいくつかもらったのですが、
この本は、読むたびに”母親の気持ち”とはどんなものなのか、静かに語りかけてくれました。
この本を、他の誰でもない、母からもらえたということが、
私にとって、とても幸せで恵まれたことだなぁと思います。
別に、妊娠して母親になることは関係なく、
人として命を授かって、今、生きているということに
ただただ、感謝したくなる。
そんな気持ちにさせてくれる本でした。
安産力がアップするマタニティヨガ (Yogini別冊)
監修:マイヤース雪野

台安病院でマタニティヨガに通っていましたが、
語学力が足りなくて、「インナーマッスルのどこに力を入れるのか」とか
理解できていなかったことも、これを読んで補えました。
定本 育児の百科〈上〉5カ月まで (岩波文庫)
松田 道雄 (著)

育児のカリスマ、私の母も参考にしていたという
松田先生の本。
どれだけたくさんのママたちに読まれてきたのでしょう。
小児科医としてたくさんのママや赤ちゃんと接してきた先生が
必要だと考える、最低限のことだけを、
愛のある言葉で教えてくれるからでしょうか、
読んでいると、ホッとできる、育児の教科書です。
AERA with Baby スペシャル保存版 「私らしく」産むための妊娠・出産バイブル (AERA Mook)

先輩ママが譲ってくださった本です。
台湾は、無痛分娩が日本と比べてとても安いのですが、
そのあたりを迷っている私に、とても参考になる記事が載っていたりして
ためになることが多かったです。
少しでも参考になれば、いいのですが。


Comments
  1. yu-yu
  2. yaephone

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です