心に響いた中国語「人生三重界」。 あなたは今、どこにいますか?

スポンサーリンク

会社のスタッフと話していて、
古くから言い伝えられている「人生三重界」というのを教えてもらいました。

心に響いたので、ここにメモしておきたいと思います。

「人生三重界」または「人生的三種境界」

人生には3つの段階があるよというもので、
それはそれは素敵な詩を教えてもらいました。それがこちら↓↓↓

「看山是山,看水是水。看山不是山,看水不是水。看山還是山,看水還是水。」

この詩は人生の三段階について言い表しています。
分解して私なりにですが意訳すると

はじめの段階 “看山是山,看水是水。”

山を見るとき、山を見る。
水を見るとき、水を見る。

次の段階 “看山不是山,看水不是水。”

山を見るとき、山を見ない。
水を見るとき、水を見ない。

そして最後の段階 “看山還是山,看水還是水。”

山を見るとき、やっぱり山を見る。
水を見るとき、やっぱり水を見る。

この訳が合っているか、的を得ているかは置いておいて(笑)
この概念は人生だけでなく、たいていのことに当てはまります。

例えば台湾の有名なお医者様でこうおっしゃった方がいます。
「患者を見るとき、はじめは患者を見ていた。
 次の段階では、患者を見ずに、病気になった悪い部分を見ていた。
 でも今は、やっぱり病気だけではなく、その人そのものを見ている。」

例えばスタッフが話していたのは、Webサイトを制作するときのこと。
「はじめは Webサイトをカタチにすることにとらわれていて、
 次は Webサイトからはじき出される分析データにとらわれていて、
 でもやっぱり データも大事だけど コンテンツが大事だって気付くよね。」

そしてこうも言っていました。
「はじめの段階も、最後の段階も、同じ山(例で言うところのWebサイト)を見ているんだけど、
 見え方が全然違うんだ。」

スポンサーリンク

そうそう〜、そうだよね。って話をしていました。

長野の栂池自然園

長野の栂池自然園。2013年の10月、ちょうど約一年前の紅葉まつりのときの写真です。

2013年秋、白馬近隣の紅葉。

2013年秋、白馬近隣の紅葉。

長野の白馬村を流れる松川。

長野の白馬村を流れる松川。

目の前にある仕事、
学んでいること、
好きなこと、
子育て、
誰かとの関係、
自分自身の精神的な成長、
自分や人を好きになること、そして愛すること、
今歩んでいる人生そのものに置き換えてみて・・・

今、自分はどこにいるんだろう?

そんな風に思いを巡らせてみるのって、
けっこう悪くないと思いませんか。

言葉を覚えはじめたばかりのこの人は
今、間違いなく、はじめの段階「看山是山,看水是水。」にいますね。笑

人生三重界,中国語,看山是山,山を見る

この12月で三歳です。最近アート教室に通いはじめました。ママはとってもヒーヒーですが、本人はとっても楽しいみたい。笑

それにしても、子供が(日本語もですが)中国語を覚えるスピードは本当に私より早いです。
私には日本語で、周りのみんなには中国語で話しかけています。