松山文創園區で出会った、夏の夜に咲いて朝散る花 “サガリバナ”

スポンサーリンク

線香花火のような素敵な花

この夏、夜に近所を散歩していたら
チラッと見かけたこの花がとっても素敵で

サガリバナ,台湾,松山文創園區

2014年6月24日夜20時くらいに撮影

思わず「線香花火みたい、何て言う花だろう?」とツイートしたのですが、
後日、日本のBSで沖縄の石垣島でこの花を観賞する番組が放送されていたらしく
実家の両親から教えてもらいました。

「サガリバナ」というそうです。

サガリバナってどんな花?

Wikipediaによると…

サガリバナ(Barringtonia racemosa)はサガリバナ科の常緑高木。東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生する。マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育し、花が美しいので栽培もされる。
総状花序が垂れ下がり、花は横向きにつく。花は夏から秋にかけて夜間に開き、芳香を放つ。花弁は白または淡紅色で4枚あり、おしべは多数。

ネットで軽く調べてみると、
沖縄では「サワフジ」とも呼ばれていて
夏の短い間にしか咲かないこと、
夜から咲いて朝には散ってしまうこと、
水辺に生息するので、散った花が水面に落ちてそれもまた幻想的なこと、
芳香があるので好まれること

などが書いてありました。

台湾では「水茄冬」と呼ばれているようです。
(残念ながら、あまり有名ではないようですが)

意外にも、都会のオアシスで見れました

私が「サガリバナ」に出会ったのは、台北市の松山文創園區に作られた、”生態水池”です。
この”生態水池”は
台湾の伝統的なお庭と少し違って、自然体系を再現しようと試みられています。
こんな街中にぽっこり出現する癒しの池は、まさに都会のオアシス的存在です。

サガリバナ,台湾,松山文創園區

2014年10月18日撮影 昼休みなので13時くらい

サガリバナ,台湾,松山文創園區

2014年10月18日撮影 昼休みなので13時くらい

サガリバナ,台湾,松山文創園區

落ちていたサガリバナの花

サガリバナ,台湾,松山文創園區

2014年10月18日撮影 夜23時くらい

スポンサーリンク

サガリバナ,台湾,松山文創園區

プルメリア系の南国の花の香りがしました

サガリバナ,台湾,松山文創園區

(ご存知の方も多いと思うので簡単に・・・)
松山文創園區は、タバコ工場をリノベーションして作られたおしゃれスポットで
2013年にオープンしました。

工場の消防に使われていたという湖には今、魚がいたり、アヒルがいたり、
人工的に作られたらしき川は湖に流れ込んでいます。
植えられている植物もなかなかこだわりが感じられます。

今年2014年はもう終わりかけていましたが、
また来年の夏に訪れた方は
ぜひ見てみてくださいね^^v

以上、ものすごくマイナーな話題でした。笑

松山文創園區の基本情報・アクセス詳細

住所:台北市信義區光復南路133號
最寄り駅:MRT「市政府」駅 または「國父紀念館」駅です。

松山文創園區へのアクセス詳細

(以下、松山文創園區の公式サイトより引用 2014年10月11日現在)
”生態水池”へ行くには、MRT「市政府」駅が近いです。

●MRT「市政府」駅 → 【忠孝東路四段553巷入口/入口1~入口3】※人の出入りのみで車は入れません
”生態水池”、小山堂餐廳、タバコ工場側に近いのはこちらの出口です。
 1番出口:信号を渡る回数が1つ減るけど階段のみ(しかもけっこう長い階段)
 2番出口:信号を渡る回数が1つ増えるけどエスカレーター、エレベーターあり

忠孝東路にある「聯合報」という大手新聞社のある小道から入り、
(この小道が“忠孝東路四段553巷”への入口)
道なりに進みます。左手に刑事警察局を過ぎると、すぐに生態池への入口が見えます。
★MRTの出口を出てから“忠孝東路四段553巷の入口まで”約400メートル

●MRT「國父紀念館」駅 → 【菸廠路入口/入口4~入口5】※人と車両用の出入り口
こちらは”生態水池”方面ではなくて、
倉庫街の方に近い入口にアプローチします。
★MRTの5番出口を出てから“市民大道x光復南路の交差点まで”約550メートル

■松山文創園區の公式サイト(中国語)
http://www.songshanculturalpark.org/

■誠品生活松菸店の公式サイト(中国語)
http://www.eslitecorp.com/TW/OperationContexts/Store.aspx?no=S003

■台北ナビさんの「松山文創園区」紹介記事
http://www.taipeinavi.com/play/431/